ページトップへ

瓦ですが、すっきりとした屋根が仕上がりました。 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。ぜんこうです。

名古屋市緑区のK様邸新築工事現場に行ってきました。現場は、北野瓦店さんの手によって、屋根工事が完了しました。

今回使った瓦は、新東のCERAM-F FLATという種類の平板瓦です。平板瓦の中では、特にシャープでフラットなタイプを選びました。防災瓦で、瓦同士も爪でがっちりとかみ合っていますので、耐風性能も非常に高いものとなっています。

 

 

 

 

北野瓦店さんに、一体袖瓦で依頼をしたので、袖の納まりがとてもすっきりとしています。すっきりするということは、雨仕舞が良いということです。ガンギになった屋根は納まりが悪いと、屋根から雨が入り、軒先部分を腐らせてしまいます。そういった所も、納まりに検討が必要ですね。ただ恰好が良いだけの形や仕様は。。。うーん、どうなのかなと思いますね。

 

 

 

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー