ページトップへ

シナベニヤの目透し天井を張りました。名古屋市名東区の団地のリフォーム | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。河合です。

名古屋市名東区の公団リノベーション工事現場に行ってきました。お施主さまから「玄関の天井は、メリハリの付いた物にしたいな。できれば木で」 ということで、羽目板を張りましょうか?と提案をさせて頂きましたが、

ちょっと仰々しいかな。。。。

というお話しを頂き、「ではシナベニヤで、目透し天井にしましょうか」とご提案。

シナベニヤの目透し天井を張る事となりました。

通常使用するベニヤ材の規格が、910×1820なのですが、その板巾を使用すると、目地割りが綺麗に納まりませんでした。そこであまり使用しない1212×2424の4×8板サイズを取り寄せました。

搬入では階段も廻って上げられないサイズの為、階段の手摺の外側から人力で手上げしてあげました。

搬入には苦労しましたが、みんなのおかげで綺麗な目地割りができました。

 

シナベニヤの目透し天井を張る。名古屋市名東区 マンションリノベ マンションリフォーム

 

棟梁の中川さんは、工場で加工してきた枠材の取付を行っています。

枠の取付を行うなかさん。名古屋市名東区の公団リノベーション

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

 

 

 

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー