ページトップへ

天井下地が組み終わりましたので、次はフリーフロアの施工です。 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

ぜんこうです。

中川区の公団リノベーション工事現場に行ってきました。現場では、大工のなかさんと、やまちゃんが床の下地工事を行っています。

ぜんこう、この天井下地の一定の間隔で固定されている感じが好きなんです。

ん? そうでもない?

 

それは置いておいて、フリーフロア(2重床)を施工するにあたって、まずは、際根太を固定していきます。基準となる高さにもなりますので、重要な作業です。

 

クッション材となるゴムの付いた脚を取付ながら、パーティクルボードを固定していきます。万協の2重床システムの脚を採用しているのですが、遮音性能のLL-45をクリアするにはスラブ厚150以上という事で、そこまで見込めない公団ですので、お子さんが小さい今回のI様邸では、吸音材としてグラスウールも敷設しました。

 

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー