ページトップへ

「工事中の現場見学会のお知らせ」イスの着せかえ屋さん・創縫様ショールーム再生工事 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

  • 「工事中の現場見学会のお知らせ」イスの着せかえ屋さん・創縫様ショールーム再生工事

  • 2018/04/05(木) 見学会のごあんない

工事中の現場見学会

現場見学会お知らせ

知立市で工事中の現場の見学会を開催しています。

現在進行中の現場の見学会を開催しています。

お問い合わせフォームから参加申し込みください。

■ご希望の日時と見学希望時間をお伝えください。

■現地集合となります。


 

築70年の古民家再生工事です。

この民家は、

イスの着せかえ屋さん 

 

イスの着せかえ屋さん・有限会社創縫様の所有の建物で、隣には工場と事務所があります。

今回の再生工事を機に、ショールームとしての命が吹き込まれることになります。

建物にとってこんなうれしいことはありません。

ただ死を待つだけの身に、確固たる存在理由ができた訳ですから。

 

古民家は、どんな形態にせよ活用されなければ存在できなくなります。

存在価値を見出していただいた、創縫さんに感謝いたします。


 

さて。

解体工事も終わり、調査をしていると

かなりの腐食していました。

土台より上に土間を作っている部分が多く、接地部分のほとんどが白蟻の餌食に。

上の写真では、柱に向けて蟻道(白蟻の通る道)が走っているのがわかります。

ここは勝手口の土間部分。欅の框なのですが無残に食い散らかされています。

写真では明るいですが、解体前は光の届かない床下・土間下。

白蟻の大好きな湿った暗闇の世界。

長年の間に白蟻にやられた土台の取替工事をしています。

柱の根元がぶれないように、仮の筋交を取付て、

ジャッキを設置していく、寺西君。

 

白井君、山本君もそろって、同時にジャッキアップしていきます。

3mm程持ち上がったところで、

ぼろぼろの土台を撤去し、

新しい桧の土台を入れていきます。

慎重に、新しい桧の土台を入れていきます。。。

 

取り替えたところです。

しっかりした、きれいな桧の土台が入りました。

 

 

取り外した土台

ぼそぼそのスポンジのようです。しっかり取り替えたのでこれで安心です。


 

土台替えが済んで、しっかりした屋根の上では、

北野瓦店の村ちゃんが頑張っています。

 

 こちらの現在進行中の現場見学会を開催しています。

古い住宅にお住まいで耐震リフォームをお考え中の方や

古い物件を購入したけどリフォームどうしよう?とお悩みの方

また個性的なリノベーションをお考えの方、ご相談にのらせていただきます。

 

 お問い合わせフォームから参加申し込みください。

■ご希望の日時と見学希望時間をお伝えください。

■現地集合となります。

しつこい営業など一切いたしません。お気軽にご参加ください。

 

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー