ページトップへ

工事の着工前に事前準備にやってきました。名古屋市名東区の公団団地のリノベーション | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

今週11月15日から、名古屋市名東区の公団団地でM様邸リノベーション工事がスタートします。スケルトン状態でご購入されたM様。どんな感じになるか不安とわくわくがあるという事です。M様の思いを形にするために、精一杯頑張りたいと思います。

そんな現場に月曜日から入らせてもらいました。事前の現場調査で、解体をされた業者が全くと言っていいほど掃除をしていなかったため、埃やガラ、塵が凄いことになっていました。部屋で作業をして外に出れば、廊下は真っ白の靴跡が点々と付いてしまいます。

掃き掃除をして、掃除機をかけても、足跡が付く事がわかっていましたので、本格的な作業が入る前に対策に行きました。

木工用ボンドを薄めたような吸水調整材(ハイフレックス同等)を、掃き掃除と掃除機をかけ終えたコンクリート面に塗布していきます。これをやっておくと、粉がふいているようなコンクリート面も、被膜ができて埃が立たないようになるんです。

これで、団地に住まわれている方の迷惑にもならないし、毎日廊下を拭いて帰る手間も減るんです。やっぱりきれいな現場は良いですもんね。

掃き掃除を行ったの後、吸水調整剤を塗布しました。名古屋市名東区/公団団地リノベーション 自然素材リフォーム

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー