ページトップへ

サイディング屋さんが、外壁を仕上げています。 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

名古屋市緑区のK様邸新築工事現場に行ってきました。

現場では、サイディング屋さんが作業を進めてくれています。 

まずは、土台水切りや軒見切り材の取付です。親方と2人で、手際よく取付を行ってくれていました。

いつもお願いしている2人なので、安心して話しもできますね。

 

 

土台水切りを取り付けたら、軒天ボードを張ります。今回初めて、化粧の軒天を張ったのですが、いやはや結構いいじゃないですか。サイディング屋さんも、『いいね~これ!』と太鼓判を押してくれました。いつもですと、無地の板を張ってもらい、塗装を行うのですが、今回の材料は木目調になっているので、雰囲気が全然違いました。

こりゃ、出来上がりが楽しみだ。

 

外壁-サイディングは、ニチハのfugeという商品を選びました。この商品は横貼りで張っていくのですが、最大の特徴は、サネ加工が施されていて、サイディングのジョイントにコーキングが使用されないことです。コーナーやサッシ廻りはコーキングが入るのですが、目地部分にコーキングが無いため、スッキリとしていて、これもなかなかおすすめの商材です。

 

 

 

       お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー