ページトップへ

キッチン廻りも造作が進んできました。豊田市の古民家再生現場 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。ぜんこうです。

豊田市のI様邸古民家再生現場の打ち合わせに行ってきました。現場ではマツミの大工のあらちゃんが、ひとり黙々と下地工事を行っています。

キッチン廻りの造作も進み、カウンターや壁下地も出来てきました。キッチンカウンターの高さも、結構重要です。カウンターの高さを下げる(1000㎜)にすると開放感ができるのですが、コンセントが付かないので、悩みどころ。 1100㎜にすると、ダイニングからキッチンを隠すことができます。 ただ、ちょっと高い気がするかな。

という事で最近は1050㎜をお薦めしています。

キッチンカウンターの造作も完了です。豊田市の古民家再生 リフォーム

 

洗濯機コーナーのそで壁の空間を利用して、ニッチの棚を造っています。洗濯機のまわりは、洗剤などを置くスペースが実は無い事が多い。ということで、空いている空間を利用して、棚をつくったわけです。お施主様奥様に普段使用されている洗剤などの大きさを確認し、それに合った棚の間隔で取り付けています。

ちょっとした事かもしれませんが、マツミだからこそできる事かもしれませんね。

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー