ページトップへ

河合家のクリスマス。 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。河合です。

今年のクリスマスイブは、土曜日ということもあって、河合家もクリスマスパーティが行われました。今回の幹事さんは、息子の志龍さん。 1週間前にインフルエンザをもらってから、次男坊にもうつり、どうなることかと思いましたが、インフルの症状が引いてから志龍さんは、もくもくと準備を行ってきました。 家族全員分の帽子をつくり、家の中に飾りを行い、パーティの食事のイラストを描き、準備万端。

前日の夜には、「パーティうまくいくかな。帽子も準備したし、忘れ物もない。」「あ~どきどきして、眠れないや」と布団に入って独り言をいっていたようです。

24日パーティ当日。

イラスト通りにサンドウィッチを準備。 ハムが無いことに気が付き、スーパーに買いだしに行くと、偶然、知多のお客さんと出会いました。

「河合さ~ん」と声をかけて頂き、2,3話しをしたのですが、志龍さんは早く帰って、ハムサンドを作る使命があるので、お店をもうダッシュで行ってしまいました。

「また今度。。。」とあいさつもそこそこに、家に帰り続きを行います。

完成!!

クリスマスにはローストチキン。。。。とテレビで見たようで、どうしても食べたかったらしい。私も妻も家で初めて食べるローストチキン。。。。いや、店でも食べたことなどないや。

 

満腹になって、3時まで映画鑑賞。 なぜだかトランスフォーマーを志龍がチョイス。帽子は脱がせてもらえません。

 

クリスマスケーキはいらないという幹事さんは、手作りパフェをチョイス。父ちゃんのビールのコップに山盛りフルーツやアイスなどを盛っていました。やっぱりアイスはハーゲンダッツだね。

ケーキを買うのも良いですが、結構おすすめです。

ここでも満腹になって、パーティは大成功でした。

お風呂で志龍さん「父ちゃん。クリスマスパーティ成功したかな??」

父ちゃん「志龍くんのおかげで大成功だったよ。ありがとう。楽しかったよ」と言うと

涙目になりながら「うん。そうか~」と嬉しそうにしていました。

風呂上りの息子たちは、疲れ切っていましたが、幹事としての仕事を終えて、達成感に満ち溢れた顔でした。

しっかりと仕事をこなしてくれた息子の姿にちょっと涙が出そうな、(出たかな)、私へのサンタさんからのプレゼントだったかもしれません。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー