ページトップへ

刻む。刻む。もくもくと刻む。 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。ぜんこうです。

豊田市の古民家再生現場では、基礎工事の真っ最中という事もあって、現場で作業を行う事が出来ない荒木大工。その間は工場で材料の加工を行っています。土台の墨付け、刻みを行っています。 行っている作業は土台の継手、腰掛け蟻継ぎの加工です。まずは、男木の加工ですね。

土台の刻みを行う大工のあらちゃん。豊田市古民家再生。

あらちゃん。面白い男ではありますが、仕事に関しては、本当に真面目です。真剣な眼差しで、もくもくと作業を行います。

 

工場で土台を刻むあらちゃん。 社員大工さんだからこそできる工場作業です。

 

続いて、女木側の加工を行っています。

工場で土台を刻むあらちゃん。 社員大工さんだからこそできる工場作業です。

 

なかなかの味のある字ですが、それもご愛嬌。どんどん土台の加工が進んでいきます。

 

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー