ページトップへ

「お任せコース」はありません | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

「お任せコース」はありません

 

 

お客様が願う"住まい方"を、現実のものにするためにどこまでもおつきあいしますというのが、マツミの姿勢です。そのためにお願いしたいことがあります。

大規模なリフォームになればなるほど、全体の統一感が大切になってきます。床を無垢の木にすれば、壁はどうすればいいのか、窓枠は、天井は・・と、次々に決めなくてはならないことが出てくるのです。この時に、建築の大体のセオリーに従って決定することはもちろんできます。しかし、できるだけそこで踏ん張って、自分たちがどうしたいかという答えを、自分たちの力で出してみるともっと楽しく家づくりができると思います。

 

なぜ、自分たちで答えを出してほしいとお願いするのか。それは、"いまセオリーと言われていることも、最初に誰かが考えたことだ"という思いが、私たちにあるからです。どうせなら、誰かの考えに合わせるのではなく、自分が何かを考え出した方が面白いですよね。つくっているのは自分の住む家なのですから。

でも私たちは素人だから、ちゃんと説明できないわ、と思っておられるあなた。心配しなくても大丈夫です。私たちは、ここにこんな材を使って、ここは何色にして、と具体的な指示を求めているのではありません。「こういう雰囲気にしたい」「あの雑誌で見たあの部屋みたいにしたい」「暖か味のある部屋がいいけど、カントリー調はいや」など、何でもいいのです。

あなたの思いをまっすぐに伝えてください。その中から、あなたの求める"かたち"を探し出すのが私たちの役目。その根気のいる作業の積み重ねの中から、あなただけの家がふわっと立ち上がる。そんな家づくりができたら最高ですね。

 

 
STAFF VOICE河合善行からひと言

ゼンコウこと、マツミの河合善行(よしゆき)です。リノベーションから、新築、古民家再生すべて対応しています。いきなりですが、新築でもリフォームでも私と組んだお客様は疲れるかもしれません。なぜか?お客様にも一緒に考えてもらうからです。

もちろんお客様にいじわるしているわけでも、自分が楽ををしたいわけでも当然なくて、それは家に愛着をもってもらうための大切なプロセスなんです。

あの時こんなこと言って、ゼンコウとケンカしたな。難しい注文に大工さんが四苦八苦していたな、でも最後はみんなで笑ったな。そんな思い出をいっぱい作ってほしい。たくさんの人の思いを受けてできた家は、人にやさしい家になる、そう私は思っています。