ページトップへ

古民家は人を育てる | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

古民家は人を育てる

 

 

 

古民家再生には様々な伝統技術が使われます。その中には、現代ではなかなか見ることができなくなった技術もあります。「曳家(ひきや)」もその一つです。

曳家とは、建物をそのまま持ち上げ、移動させたり向きを変えたりする、建築物保存のための技術です。その歴史は古く、ピラミッドを造ったテコとコロの技術にまで遡ります。現在では建物の移動や沈下の修整・補強などを主な業務にしており、文化財の保存という分野で活躍している技術者集団です。

 

 

古民家再生では、この曳家さんにお世話になることがよくあります。古民家は石の上に柱が載っているだけという構造が多いので、補強するには一度建物全体を持ち上げて、基礎をつくらなくてはなりません。

家一軒まるごと持ち上げる仕事は、建物に傾きや歪みを与えないよう、慎重の上に慎重を期して行なわれます。それでなくても弱っている建物。大工たちの「歪ませないでくれ」という思いのこもった視線に見つめられながら、プロの仕事が続けられていくのです。

 

 

 

基礎が終るといよいよ大工の出番になります。現代では見たこともない技術に触れることができる古民家再生は、大工にとって宝の山。みんなが再生の現場に行きたがります。

昔の大工の技の切れに感心したり、その応用力に舌を巻いたり。古い材の上に新しい材を接ぐような時には、それこそ真剣そのもの。その時、大先輩であるその大工と現代の大工は、心の中で会話しているのでしょう。

古民家再生に取り組んでから、マツミの大工は精悍な表情になってきました。

 

 

 

 

飛鳥時代に大陸から伝わった瓦。やがて日本家屋に不可欠なものとなり、職人達が伝統の技を継承してきました。若き瓦職人・北野巧太郎の仕事にかける思いを聞いて下さい。

北野瓦店代表。

日本の伝統的建築技術である瓦に惚れ込み、

ひとつひとつの現場に全力投球することを

モットーにしている熱い瓦屋さん。

(自宅は、マツミの家です)

 


チームマツミの一員として大工さんたちと一緒に、古民家再生の現場によく入らせてもらうのですが、いつも感じるのは、究極の工法は昔ながらのものだということです。科学の力は昔の人の知恵にはかなわないということを、この仕事をしてから感じることが多くなりました。だから僕たちにできることは、古いもののよさを壊さないように補強すること。間違っても新しいもので蓋をするという考え方はダメです。家を台無しにしてしまいますから。

マツミの大工さんたちは、隠れて見えなくなってしまう所でも、決して手を抜きません。何のためにその作業をするかを、一人一人がちゃんと考えているから、どんなに簡単な仕事に対しても真剣です。たぶん、古民家で昔のすごい仕事ぶりを目にしていることが、みんなにいい影響を及ぼしていると思いますね。