スタッフブログ

いい感じになりそうです。。。。愛知県知多市の注文住宅現場より

松浦克美 自己紹介へ

 愛知県知多市の注文住宅現場

I様邸です。

工事も着々と進んでいます。

 

今日は長瀬建具さんが登場。

取り壊し前の旧家屋にあった、建具を再生してくれたので

全体の雰囲気を確認するため、搬入してくれました。

 

旧家の土間玄関にあった格子戸です。

白い部分は補強された新しい木材。

 

古い建具は高さも低いので、10cmほど下駄をはかせてあります。

縦框も少し貧弱なので、打ち足しして、

 繊細ですが、力強さもでています。

 

組子も折れてたり、腐食していたので

新しい材料で補修。

この障子(まだ紙張り前ですが)は、上にスライドすることにより、はずすことができます。

冬は風を入れぬ様に装着し、

夏は通風のために取り外す。

先人の知恵ってすばらしいですね。

 

下は、旧家の床の間にあった、書院障子です。

これも、写真ではわかりにくいですが、同じ杉材にて補修してあります。

それぞれ、着色してから、

障子紙が張られます。 

 

奥様もでき具合に感激してくださり、

長瀬さんの腹も大威張り!

 

最後に、奥様が購入されたステンドグラスを

建具にはめ込むため、みんなでシミュレーション。

 

 

記事一覧|2014年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ