中古住宅を購入する・あるいは今住んでいる家を改装して自分たちのテイストに合った形にリフォーム(リノベーション)したい。若い世代にそんな動きが広がっています。

それはこれまで一般的だったクロスの張替えや和室を洋室にする、押入れをクロゼットに変更といったリフォームとは違い、少し大げさに言うなら「自分を表現するためのリフォーム」です。古い住宅の味わいそのものまで生かしながらその人なりのライフスタイルを表現した住まいを創り上げようとする動きです。

マツミにリフォームの相談をされるお客様も住まいにこだわりをもって相談に来られる方がたくさんいます。海外の古い建具から外した真鍮製のドアノブだったり日本の古い木の家具だったり。スイッチの一つにも気を配って自分の世界を表現したいという方がやってきます。

それらを上手に組み入れてなんの変哲もない中古住宅や古くなった住まいが住む人の個性に合った空間に変わることの面白さ。確かに、一つ一つ使えるかどうか考えなければならないし工夫や加工もしなければなりません。手間はかかります。でも完成した時のお客さまの満足な笑顔をみたとき、大変だったけどやってよかった。喜んでくれてよかった。と思えるのです。

今、住まいは自分の個性を表現する場所になっています。

フォトギャラリー

ページトップへ