スタッフブログ

大須の『和食・万松』様改修工事が完了しました。

こんにちは。ぜんこうです。

名古屋市中区大須の万松様3階改修工事現場が完了を迎えました。

ゴールデンウィークに解体工事をスタートし、頭をフル回転させる事2ヵ月、

無事お引渡しを行う事ができました。

お施主様にも喜びの声を頂き、頑張ったかいがありました。

これもひとえに、協力業者のみなさんと、マツミの大工のみんな、

NAG設計同人の加藤氏のおかげだと思っております。

ありがとうございました。

そんな現場はどんな感じになったのでしょうか。

少しご紹介いたします。

 

名古屋市中区大須の大須商店街から、一本北側に入った所にある『和食万松』さん。

工事期間中、毎朝、社長が車から活きの良い鮮魚を運んでくるのを見ていました。

大工のみんなと、「うまそ~!!!」とちょっとよだれが出ていたかも。

 

 

工事中の現場です。

既設の下地の通りも悪く、頭を抱えていた5月初旬です。

 

    

 

間接照明に照らし出された層土(版築風左官壁)は、一層一層左官屋さんが

コテやハケなどを使い、仕上げていきました。

 

 

下地作成を行うマツミの大工中川さんです。

白井くんと共に、難しい現場をまとめ上げてくれました。

 

  

 

日本の伝統技術 欄間を使った間接照明です。

一つ一つが丁寧に作り込まれた細工は、日本人にしか出来ない技なのかも

しれませんね。

 

 

廊下には、ナラの無垢板材に、なぐり加工がされた材料を張りました。

新建材が多く出回っている現在では、あまり見かけなくなったなぐり加工。

なつかしむ方もおみえになるのではないでしょうか。

 

 

小上がりのある個室には、琉球畳風の塩ビタイルが張られています。

こちらの空間は、和の雰囲気を楽しむ事が出来ますね。

 

 

フォトギャラリーに追加しました。

 

 

記事一覧|2015年7月

ページトップへ