スタッフブログ

いざ勝負!! 天井裏を徹底的に掃除しました。

2016/03/14(月) 古民家再生現場

こんにちは。河合です。

古民家再生中の一宮市のK様邸に行ってきました。現場では、マツミの大工の白井くんとあらちゃんが、床下地の工事に入りました。私はと言うと、和室の天井裏の掃除を行うために、完全防備で挑みました。と言うのも、先週2階の荒床をめくって、ネズミの糞やG様(ゴキブリ)の卵やら死骸やらが、大量にある事が判明。普通のマスクでは、また肺がダメになりかねないので、防塵マスクを準備しました。

↓大量のネズミの巣やら、糞やらが溜まっていました。

 

いざ、勝負! 設計士とは思えない、そのいでたちに、マツミの大工達からも歓声が上がりました。

 

 

ホウキである程度集めて、土嚢袋へ。

 

細かな所は、掃除機で念入りに吸っていきます。隙間に入り込んでしまった土埃はダスターで吹き飛ばして、徹底的にきれいにしてみました。

代わりに、下で作業中のあらちゃんやしらはんが、大変な事に。。。。ホコリが降ってきて、と嘆いていました。

なんとか、綺麗にすることが出来ました。合わせて、90数年の間に、ダレてしまった和室の天井の吊木を入れて、吊り直し、むくりをつける事も出来ました。これで、下がっているように見えた天井も、びしっと見えるようになりました。

ありがとう防塵マスク君。普通のマスクと違って、息苦しい事もないし、作業後に鼻や口の中が黒くなることもありませんでした。これからはこいつに頼る事にします。

 

しらはんとあらちゃんは、床下地工事の真っ最中です。桧の大引を入れて、根太を取付ける白井くん。

 

あらちゃんは、針葉樹合板をカットしていきます。仮止めをして、道具置き場にしていきます。今日であらちゃんは、一旦現場を離れて、別の現場を担当です。ありがとう、あらちゃん。

 

こちらの現場の見学会を開催しています(工事中の現場見学会です)

古民家再生現場見学会開催中

古民家の再生をお考えの方、お気軽にご参加ください。古民家再生現場見学会ページへ

記事一覧|2016年3月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ