古民家に住んでこられた方なら日本の伝統家屋の冬の寒さをよくご存知のことでしょう。代々受け継がれてきた立派な家を残したいけれど、でも寒さには耐えられない。住む人にしてみればとても深刻な問題です。

私たち松美建設は「古民家再生」の大切な要素として快適な住み心地ということを重視しています。住み心地は現代の生活環境に合ったものにしないと長く住み継いでいくことには無理が生じます。

断熱材を工夫し、冬の寒さと夏の蒸し暑さを軽減する工事は古民家再生に不可欠です。古民家に多い大きな吹き抜けも、広々とした間取りも、断熱工事ありきです。断熱をしっかり施しさえすれば快適さの確保と光熱費の削減が可能です。

また気になる耐震性についても相談に乗らせていただきます。

 


 OB様の声をご紹介します。

 

再生する前のこの家はそりゃあ寒かったんですよ。家の中で水が凍るくらい。でもマツミさんに工事をしてもらってからは、朝と夜にエアコンをつける程度で済んでいます。ストーブは出してさえいませんね。

夏は夏で、梅雨時でもサラッとしています。実際には室温が高くてもじめじめしていなければ暑く感じないですものね。健康的でとてもいいですよね。

私たちは大阪で阪神淡路大震災を経験していますから、耐震はしっかりやってもらいました。じつはこの家はもう大分傾いていたんです。あの時に地震が来ていたらと思うとぞっとしますね。おかげさまで今はもう大安心で毎日を過ごしています。

 

ページトップへ