ページトップへ

天井にしっくい塗料をぬりました。名古屋市名東区の公団リノベーション | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。河合です。

名古屋市名東区のM様邸公団リノベーション工事は、天井の仕上げ工事を行っています。今回の天井仕上げは、しっくい塗料仕上げ。 今までは左官屋さんにお願いしていたのですが、さすがに大変だということで、しっくい塗料を塗装屋さんに塗ってもらう方法を選択しました。

ドイツ漆喰のフェザーフィールという製品を、決められた分量で撹拌していきます。撹拌した上で、30分放置。水と材料がしっかり混ざるのを待ちます。

 

 

この商品の良い所は下地処理に、ドイツの和紙を張ったうえで、しっくい塗料を2回塗りを行うため、ボードの割れなどが起こりにくい(起こらないという事はありません。)と言う点。

塗装屋さん曰く、天井に水性塗料などを塗ると、ローラーむらが出てしまって、重ねた所が良くわかるそうです。この商品、すごいです。乾いてしまうと全然わかりません。マットな仕上がりもGOOD!

クロス仕上げとは違う仕上がりになりますね。

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー