ページトップへ

壁下地工事と断熱材入れを行っています。豊田市の古民家再生現場 | スタッフブログ | 注文住宅 愛知・名古屋 古民家再生 松美建設

スタッフブログ

こんにちは。ぜんこうです。

豊田市のI様邸古民家再生現場に行ってきました。現場では、マツミの大工のあらちゃんと、やまちゃんが下屋根にのぼって、2階の壁下地を作成しています。

荒木親方の指示のもと、糸を張ってみると最大で8ト(24ミリ)程度、一番出ている柱と引っ込んでいる柱の出が違いました。柱の大きさの違いやおきが悪い束があるためと思われるのですが、このまま下地を打つと、サイディングを張る時に無理をさせる事になるので、下地を調整する事にしました。

パッキン材を打ち、出入りを確認しながら作業をしていきます。ひと手間かけるか、かけないかで後々の仕上がりが違ってきます。

壁下地に杉材の30×40を打つ。豊田市の古民家再生

 

壁下地材を作成した後、内法に高性能断熱材のフェノールフォーム板を入れていきます。引き続いて、防水透湿シートを張っていきます。

 

外断熱で断熱材を入れて防水シート張りです。古民家リフォーム、リノベーション

 

防水透湿シートを張るあらちゃん。

あらちゃん「河合ちゃん。 ここのかぶせ、逆じゃない? 防水の河合らしくないじゃん!」

おっしゃる通りでした。水下側のシートが上に来ていました。よく気がいたな。と言う思いと、さすがあらちゃん、よく見てるなさすが!!と感心しました。すぐさま、防水テープで補修してくれました。

 

防水透湿シート張りを行うあらちゃん。豊田市の古民家再生

サッシが付いて、外観の雰囲気がだいぶできてきました。

サッシが着いて雰囲気が出てきました。豊田市の古民家リフォーム リノベーション

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー