◆北面の壁断熱材入れと防水透湿シートを張っています。

 

豊田市の古民家再生工事現場。蒸し暑い夏の天候が続きますが、マツミの大工さん達は外仕事で頑張っています。

今日は、北面の断熱材入れと防水透湿シート張りを行っています。フェノールフォーム断熱材を外壁下地材の間にいれていきます。小さな隙間を無くすために、ウレタンを使用し埋めていきます。

 

フェノールフォーム断熱材を入れています。豊田市古民家再生

 

予定の箇所に断熱材を入れ終えたら、防水透湿シートを張っていきます。ピーンを紙を張ってたるみが無いようにしてから、タッカーを利用して留め付けていきます。

 

防水透湿シート張りを行う大工のあらちゃんとやまちゃん。古民家再生リフォーム、

 

外壁メンテナンスお気軽にお問い合わせください

 

 

1ページ (全142ページ中)