海部郡の古民家再生現場では、勾配天井の下地つくりに取り掛かっています。

勾配天井は空間に奥行きや高低差をもたらし、視覚的なアクセントを与えてくれます。これにより、天井が単調でなくなり、空間全体がより興味深いデザインになります。

下地ができたので、しっかりと断熱材を充填しています。

外部では、電気屋さんが換気扇の穴開けをしています。

 

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全136ページ中)