スタッフブログ

「温故知新」・・・愛知県知立市の古民家再生現場より

松浦克美 自己紹介へ

「イスの着せかえ屋さん」創縫さんのショールーム 再生工事現場・・・・・・・

に、突如出現!

「ボイドの塔」あるいは「紙管タワー」

 何だと思いますか?

 

現状の姿がコレ↓  ・・・ ・・・ そう、布地を入れるための棚なんです。

創縫さんでは、

イスの張替にみえたお客様に、数センチ角の小さな布地サンプルではなく、

もっとイメージしていただける様に、

実際に使っている布地の巻物を取出し、現物にあてがって、お客様に検討していただいているそうです。

 

 そんな巻物が、数百もあるため、

生まれ変わって、天井が高くなったショールームの入口正面に、布地巻物用の棚を造りました。

塔の高さは3.5メートル。

たくさん収納できる、おしゃれな棚ができました。

棚のフレームは桧材、伝統構法で造られています。

仕口は、「長ほぞ鼻栓打ち」。桧のいい香りもします!

こうやって、この旧民家も造られてきました。

寺やんが墨付け刻み担当。

工場で神経をすり減らしながら作業中。

 

 

当日の現場です。

慎重に組んでいきます。。。

新人、山ちゃんも大活躍。

 

白井君も手伝って、組み上げていきます。

暑い中、みんな頑張ってくれています。

 

こんなところにも頑張り屋さんが・・・

ひょっこりはん、じゃなくて、長瀬はん↓

 高窓の再生中です。

 内部からのショットがこちら。

この高窓を開けると、うまく空気が流れていきます。

 

 

 

 

記事一覧|今日のリフォーム・リノベーション現場

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ