◆シナベニヤの目透し天井を張りました。名古屋市名東区の団地のリフォーム

 

名古屋市名東区の公団リノベーション。お施主さまから「玄関の天井は木を使ってメリハリをつけたい」 ということでシナベニヤの目透し天井を張る事となりました。

通常使用するベニヤ材の規格が、910×1820ですが、その板巾を使用すると、目地割りが綺麗に納まらない。そこであまり使用しない1212×2424の4×8板サイズを取り寄せました。搬入では階段も廻って上げられないサイズの為、階段の手摺の外側から人力で手上げです。

搬入には苦労しましたが、みんなのおかげで綺麗な目地割りができました。

 

シナベニヤの目透し天井を張る。名古屋市名東区 マンションリノベ マンションリフォーム

棟梁の中川さんは、工場で加工してきた枠材の取付を行っています。

枠の取付を行うなかさん。名古屋市名東区の公団リノベーション

 

 

 

 

1ページ (全145ページ中)