◆壁下地工事と断熱材入れを行っています。豊田市の古民家再生現場

豊田市のI様邸古民家再生現場では、マツミの大工のあらちゃんとやまちゃんが下屋根にのぼって、2階の壁下地を作成しています。

荒木親方の指示のもと、糸を張ってみると最大で8ト(24ミリ)程度、一番出ている柱と引っ込んでいる柱の出が違いました。柱の大きさの違いやおきが悪い束があるためと思われるのですが、このまま下地を打つと、サイディングを張る時に無理をさせる事になるので、下地を調整する事にしました。

パッキン材を打ち、出入りを確認しながら作業をしていきます。ひと手間かけるか、かけないかで後々の仕上がりが違ってきます。

壁下地に杉材の30×40を打つ。豊田市の古民家再生

 

壁下地材を作成した後、内法に高性能断熱材のフェノールフォーム板を入れていきます。引き続いて、防水透湿シートを張っていきます。

 

外断熱で断熱材を入れて防水シート張りです。古民家リフォーム、リノベーション

 

防水透湿シートを張っています。

 

防水透湿シート張りを行うあらちゃん。豊田市の古民家再生

サッシが付いて、外観の雰囲気がだいぶできてきました。

サッシが着いて雰囲気が出てきました。豊田市の古民家リフォーム リノベーション

 

1ページ (全137ページ中)