◆勝負のバルコニー解体。やっぱり腐っていました。

飛島村のI様邸再生工事現場では、勝負のバルコニー作り替えのための解体作業が行われました。一時期多く施工された木造住宅なんだけど、バルコニーの床にコンクリートが打ってある、その上の防水が何がなされているか、わからないという状況。

耐震の面から見ても、めちゃめちゃ重たいコンクリートが屋根面に乗っている状態を解消したいため、造り替えを行う事を計画していました。計画したのは私なんですが、いざやろうとするとかなり大変。このベランダの事で、ず~っと頭を悩ましていました。悩んでも前に進まないので、まずは解体。

ムスタファ達がコンプレッサを持ってきて、斫りに斫って、なんとか土間コンを撤去。くったくたのムスタファ達ですが、残りの力を振り絞って、タイルをめくると。。。。。一気にベロン!!

ことごとく、白蟻や漏水の腐りにやられていました。

 

やっぱりか。。。という思いと共に、危なかったなという気持ちにもなりました。ちょっと力を加えるだけで、タイルがベロンをモルタルごと剥がれました。地震が来たらと思うと。。。。。

撤去して正解でしたね、とお施主様からも話しを頂き、私もそう思います。と返事をさせて頂きましたが、さあ、どうやってやろうかという、次の悩みが出てきました。

 

 

 

1ページ (全142ページ中)