古民家再生現場の和室の仕上げ材を取付ています。

2018/11/01(木) 古民家再生

 

完成が近づいている現場が2現場あったため、なかなか行けなかった豊田の古民家再生現場に行ってきました。現場は親方の荒木大工がきっちり進めてくれているので安心して任せられます。

そんな荒木親方は、和室の床の間や仏間の造作に入っています。まずは床下地工事からです。

根太を等間隔に入れていきその間に断熱材をきっちりと入れていきます。床の間なども手を抜く事なく断熱工事を行います。

床下に断熱材を入れています。豊田市の古民家再生

仕上げ材を取り付けていきます。 工場で棟梁の中川さんが加工してくれた床框や仏框などを現場の寸法に合わせて加工して取り付けていきます。

和室の仕上げ材を取り付ける大工のあらちゃん。豊田市 古民家再生 リノベーション リフォーム

リビングなどで使用した桧のフローリングの中に、節の少ないきれいな物が入っていますので、選別して仏間の床に使用しました。お仏壇のサイズを事前に確認し、それに合わせて柱の位置を決めて納めています。

 

和室の仕上げ材を取り付ける大工のあらちゃん②。豊田市 古民家再生 リノベーション リフォーム

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

1ページ (全137ページ中)