◆下駄箱、押し入れ、どんどん形になっていく現場・海部郡の古民家再生㉛

海部郡の古民家再生現場では、内部造作が進んでいます。

欅の小縁を施工したり

壁のボード貼りを行ったり

押し入れの作成も進みます。壁と枠を取り付けて、 中段と枕棚の部分の壁に下地を入れました。

押し入れの造作を進める颯太君。

間仕切りが付き、可動棚と中段にわけ使い勝手の良い押し入れになりそうです。

 

造り付けの下駄箱を製作中の山ちゃん。 40mmの分厚いタモ材を天板に使います。

どんどん形になっていく現場の進行。工事完了の日が一層楽しみになってきました。

日々の工事の様子は「今日の現場事例集」でお楽しみいただけます。

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全142ページ中)