ガルバリウム鋼板の外壁材を、板金屋さんの板東さんが張っています。

端部の納まりを確認しています。

 

マツミの本宅では、板金屋さんがガルバリウム鋼板を張っています。

現場では、雨漏りの恐れが多い端部の取り合いの板金加工を行っていました。多くの引込線が入っている箇所で、雨水が入りやすい箇所でもあります。笠木を加工し、取付ます。配線が引き込まれる所はコーキング処理で納めていきます。

ガルバリウム鋼板を張る板東さん。

既設ベランダとの取り合いを確認しました。

「ここの笠木の納まりだけど、捨てで何かやってくれてる?」

板金さん「笠木を付けた後に、捨てコーキングを打って、その後中間水切りをぶつけてるよ」

「それなら問題無いね」

やはり、既設の場所との取り合いは、漏水の恐れが多いか所で、見えない所をいかに処理をするかは重要な事です。

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

1ページ (全142ページ中)