◆床下断熱材をきっちり隙間なく施工・電気屋さんは床下配線。豊田市の古民家再生

豊田市の古民家再生工事現場に行ってきました。現場ではマツミの大工、荒木親方とやまちゃん、そして、電気屋さんの門脇さん達が汗だくになりながら頑張ってくれています。やまちゃんは、床下地作成中で、米松の45×45ミリ角材を尺間(303ミリ)ピッチで留め付けています。

根太を留め付ける大工のやまちゃん。豊田市古民家再生

荒木親方は、床下断熱材を入れる準備をしています。下がり止めの金物をトントン、トントンと留めていきます。

下がり止めの金物を打つ荒木親方。古民家再生 古民家リフォーム

図面を確認しながら、漏れがないかチェックする電気屋の門脇さん。真壁納まりのため床下を配線していかないといけないので、床下地が出来上がる前に逃げの配線だけ先行でやりに来てくれました。

施工事例はこちら

1ページ (全129ページ中)