◆配筋工事 愛知県岡崎市の古民家再生現場

2018/04/23(月) 古民家再生

岡崎市の古民家再生現場では、基礎屋さんの増山工務店さんが、鉄筋組みの工事を行っています。


大黒柱の下には、もっとも荷がかかるため、独立基礎を設けました。

 

スラブ筋もD13の@200できれいに配筋されています。

 

無筋の既設の基礎は、新設の基礎をだかせて、筋結することにより一体性を持たせています。

 

作業しているのは、水道屋の早川さん。コンクリートを打つ前に、逃げの配管を行っています。

 

あとは、型枠をあててコンクリートを打っていきます。

増山さん「いや~ほんと大変です。 鉄筋を運ぶのだけでも、難儀しますわ~!!」

 

大変ですよね。ありがとうございます!いい配筋で満足しています。

 

1ページ (全136ページ中)