なべさんから、スーパーなべさんになりました。一宮のリノベーション工事現場より。

 

一宮市のI様邸リノベーション工事現場では、仕上げ工事の真っ最中です。

左官屋さんのなべさんが、スーパーなべさんに変身しました。

ハシゴを器用にかけて、スライド足場をわたし、3m以上の高さにある窓まわりの

しっくいを塗りはじめました。

なべさん御年、77歳。

わたしらよりもエネルギーを持っているんじゃないかと思うくらい働きます。

でも、無理しないでね。

 

 

洋室には天井に少し淡い桃色の土佐和紙が貼られました。

クロス屋のおくちゃんありがとう。

壁は、自然素材のしっくいをコテ押えで塗っています。

 

 

塗装屋さんのカワワキ塗装さん’S。

既設の建具をホワイトで塗装してもらっています。

格子が細かいので大変のようです。

 

 

玄関建具は木製建具。

川脇さんはペーパーをなんども当てて、きれいにしてくれました。

その上に、調合したステイン塗料を塗っています。

 

1ページ (全146ページ中)