仕上工事が進んでいます。。。注文住宅現場より

12月を目前にして

そこここで仕上工事が進行しています。

 

新舞子のI様邸では宇佐美さんがキッチンのタイル貼り。

まるで将棋の駒を指すみたいに

「このタイルはここの位置に納まりたい」とでも言っているように

白いボンドの上に置いていきます。

これがプロの成せる技なんだろうな

とこの人を見ていると感じます。

 

工場では白井が下足入れの天端板づくり。

元の床板を(もちろん無垢材)加工するために手間をかけています。

写真は、板材の木端側(木材の縦断面側)が板の反り止めで

吸付き桟の加工が見えるため桜材を接着しているところです。

いい下足入れができそうです。

 

こちらは西区のS様邸

玄関脇の収納部の棚板です。

かなりの靴が収納できるので、S様にも喜んでいただいています。

 

台所ではキッチンの取り付け。

クリナップの職人さんが丁寧に取り付けしています。

師走にかけて忙しそうです。

 

1ページ (全137ページ中)