蔵のようになってきた? 名古屋市守山区の新築現場から。

く~。今日も暑いですね。 8月もまだ始まったばかり。夏は暑いから夏です。楽しくいきましょう。

小学生のみんな。夏休みは進んでいますか? 今の内にやっておいたほうがいいぞ~。

8月29日が誕生日のぜんこうは、誕生会を開こうとしても、宿題真っ盛りの友達ばかりで

集まらず。。。。悲しい思いをしました。

 

さて、名古屋市守山区のI様邸新築工事現場では、外壁のタイル工事が始まりました。

蔵のような雰囲気を外観にとりいれたかったので、腰下になまこ壁風にタイルを貼ることにしました。

この工事、今回のポイントです。

ぜんこうちょっと楽しみにしていました。

 

現場に到着し、さっそく確認。

おお。なかなかじゃないですか。 白井くんとも、かっこよか~と2人で満足です。

全体が貼られ、目地込みが行われるのが楽しみです。

 

蔵のような外観に仕上がってきました。外壁タイル工事 なまこかべ

 

今回初めてお会いしたタイル屋さん。

すっごい大変だ~。って嘆いていました。

でも、いい感じに仕上がりそうだって、褒めてくれました。

 

外壁タイル工事 なまこかべ

 

タテヨコに貼る場合は、墨を打つのも楽なのですが、斜の場合は墨を打つのも一苦労です。

そこは慣れた手つきで、順番に墨を打っていました。

足場をくぐりながらなので、大変ですが宜しくお願いします。

 

外壁タイル工事 なまこかべ

 

中では、白井くんがキッチン周辺の木工事を行っています。

工場で加工した桧の窓台に、鉋(カンナ)をかけています。

しゅ~っと、薄いかつお節みたいな鉋くずが床に落ちました。

マツミの現場では、鉋はまだまだ主役級です。

 

鉋掛け かんな 鉋 桧

 

 

1ページ (全146ページ中)