瑞穂区のアプローチリフォーム、順調に進んでいます!

瑞穂区のS様邸です。

敷地の分割のため、今までのアプローチ階段が使えなくなり、

急きょ ココ↑に階段と自転車置場を作ることになりました。

ということで・・・・・

さっそく、掘ってます。

 

 

堅牢な間知石に苦労しましたが、やっと

建物が見えてきました。

 

ガス屋さんが、ガス管を埋設しています。

敷地が高いときには、

土中に、いろんな配管があって大変です。

全部ライフラインとして使用していますので、キズつけるわけにはいけません。

特にガスのように危険なものは、なおさらです。

擁壁の配筋も仕様どおりです。

 

今回の擁壁は、「CP型枠」という工法を採用しています。

ブロックって弱いんじゃない?

と思われるかもしれませんが、

「CP型枠」は、コンクリート打込み(Concrete Placing)用型枠の略で、

空洞部の全てにコンクリートが充填されるため(もちろん上写真のように鉄筋入り)

現場打ちの鉄筋コンクリート造の擁壁と同様に、一体性のある丈夫な擁壁ができるんです。

:******************************************

門扉にはスライドドアを付ける予定です。

すっきりとした品のあるエントランスができそうです。

 後日また紹介しますね。

 

 

         お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

1ページ (全142ページ中)