日本の木を使う8 シャングリ・ラ2~地球の事を真剣に考えるときが来ています~

「シャングリ・ラ」
こんなくだりが面白い・・・・というか、近未来にありそうで怖い。

・炭素中心の経済になっている
  「実質炭素」・・・温室効果を発生させる実質的な炭素。思った以上に削減目標を下回らない。
  「経済炭素」・・・各国に課せられた実質炭素削減値を分割削減する場合の利息。
  実質炭素の削減に時間をかければかけるほど、経済炭素の量も増える。

・東京の森林化
  炭素を減らすために、都心部を森林化し、人工地盤の都市を縦に積み重ねている。
  遺伝子改良したガジュマルは通常の10倍の速度で成長し、アスファルト・コンクリート
  を覆し、緑のある廃墟と化している。
  森では逆に酸素濃度が濃くなりすぎて、30分で意識障害が起きる。

人工地盤があまりにも巨大なので、なんと、その影になるところでは、 夜が2回来ることになる。

東京はもちろん熱帯で、ゲリラ豪雨がすごい。

などなど、設定が面白い。

にもかかわらず、なんとなく原始的な主人公とかが暴れまわったりして、
チョッと被虐的な感じで、後半は筒井康隆系だなって思っていたら、
やっぱり、筒井康隆が解説を書いていた。

「20世紀は破壊の時代だ」というくだりがありましたが、
後世の人々に、そう言われないために、
地球の事を真剣に考えるときが来てるんだと思います。



名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている工務店の松美建設

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォームをてがける愛知県の松美建設です


1ページ (全137ページ中)