◆解体が完了し、補強工事に入りました。春日井市の戸建リノベーション現場だより。

春日井市のM様邸リノベーション工事現場では、解体作業もひと段落し、補強工事などが始まりました。解体時に判明した洗面室の白蟻被害。食い尽くされた土台や下地を撤去し、新しい土台を入れるためケミカルアンカーを使用しアンカーボルトを基礎に取り付けました。下地を取り換えて、内部から構造用合板を張り、耐力壁を作成していきます。

 

 

ぼろぼろになっていた防湿シートを新たに引き直しました。モグラのようにもぐって。。。。大変でした。

 

 

マツミ大工のてらちゃんは、床の補強工事を行っています。床のたわみがひどく、フローリング工事まで行うと、床鳴りがひどいのがわかるのでこのまま、ほかっておくのはマツミではない!ということで補強工事を行う事にしました。

 

 

既設床を残している場所には、床下にもぐって断熱材を入れています。ほふく前進を繰り返し、ほこりまみれになりながら、なんとか断熱材を入れることができました。着ていた合羽は釘を引掛け破けるし、顔中蜘蛛の巣に引っかかりながらの作業でした。

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

1ページ (全142ページ中)