◆一宮の古民家再生・床下地と電気配線工事

2018/03/19(月) 古民家再生

 

一宮市の古民家再生工事現場では床下地工事を中心に行っています。  桧の大引を約90cm間に取付け、米松の45mm角の根太を、303mm間隔で並べて、固定していきます。防蟻工事が完了した後、断熱材を落し込んで、針葉樹合板を張っていきフローリングの下地が完了です。

 

古民家再生 防蟻工事 シロアリ駆除 シロアリ 床下工事 リフォーム リノベーション

 

電気屋のまっちゃんも、来てくれました。新築とは違い古民家再生の現場では、配線工事の作業も頭を悩ませて行います。壁が真壁納まりになっている所などは、床下を配線しないと行けなかったり、梁を表しで見せる所は、どのように配線を持って行ったらいいか、打ち合わせをしながらの作業となります。

 

古民家再生 配線工事 電気配線 電気 電気工事 リフォーム リノベーション

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全147ページ中)