名古屋市天白区でも始まっています----リノベーション工事

 地元、天白区の野並でも

Y様邸 リノベーション が始まっています。

 

築40年の民家は

しっかり土壁がついています。

土壁は昨今の合板類に比べて、耐震的に弱く思われがちですが、

しっかりした貫・竹木舞は非常に粘り強く、揺れを吸収する力があります。

「柔よく剛を制す」って感じでしょうか。

相撲の「うっちゃり」とか。。。

プロレスの技だと、合板補強は「アックスボンバー」で、土壁は「コブラツイスト」とか。。。

 

あと、土は熱容量がおおきいので、

急激な温度変化に動じないのも魅力です。

なので、なるべくなら、土壁を残すような提案をしています。

 

 

 玄関上部は、

Y様のアイデアで吹抜に。

どんな感じで見えてくるか・・・楽しみです。

 

 ナットがちょっと緩みすぎ。。。

相当なポカか、作為的なのか?

二重梁(補強の)の入れ忘れ。

ここまで解体しないと解らない部分がたくさんあります。

 

1ページ (全137ページ中)