豊田市美術館っていい感じ

日曜日に、豊田市美術館に行ってきました。

我が家では、ここが好きでよく行きます。

設計は、谷口吉生さん。

丹下健三さんのもとでも働いており、しっかりとモダニズムを受け継いでいるという感じ。

水平と垂直のラインがとてもきれいで、

斜めのスロープも壮大で美しい。

中部地方では群を抜いて質の高い美術館だと思います。

 企画の展示もそこまでメジャーじゃないけど(と言ったら失礼ですが)

いつも、とても面白く、企画者の深い意図が感じられる展示ばかり。

と、個人的には思っています。

数年前には、ガウディーとかもやっていました。

 

 今回はベルギーのアンソール。

かなりインパクトのある作品です。

 

仮面とか骸骨で有名らしいですが、なぜこのような絵を描くようになったのか。

そんな経緯がわかります。

 

美術館の内部です。

吹抜空間の壁面にはネームプレートが一面にあり、

縦の広がりから、横の広がりへ視線を誘います。

 常設展示も面白いものばかり。

わけのわからないものもいっぱい。

クリムトもあったりして。

 

小さなお子さんといっしょに行くと、それだけで想像力がUPしますよ。

屋上に水辺もあって楽しいです。

 

美術館って単なる箱じゃダメだし、変に奇抜でもダメでしょ。

やっぱり品格があって、質が高くないと。

展示品が良くても、見せ方がダメならダメだし、

現にオルセーの改装もいかに自然光をうまく取り入れるか、

をすごく考えているらしい。

 

 

 

1ページ (全142ページ中)