名古屋市天白区で行われていました古民家風リノベーション工事現場が完成を迎えました。鉄筋コンクリート造の建物の中に、築100年を超える古民家からの贈り物の丸太梁やゴツゴツした、でも格好いい、軽井沢ストーブなど雰囲気満点のリノベーション現場です。

その一部をご紹介します。

天井と壁は、左官やさんのなべさんの手によるしっくい塗り仕上げです。廻り縁がないため、天井がより高く見えるようになっています。

 

着工前はこんな感じ。

 

それが、こうなりました。

 

 

曲がりうねった丸太梁が、ポイントです。大工の白井くんが、頭を悩ませながら入れてくれました。

 

 

ちょうなの痕が、新材には無い味わいをだしています。

 

 

 

鐵音工房さんの軽井沢ストーブ。完全オーダー製で、製作に1ヶ月以上かかる薪ストーブです。

オーブンのグリルが別についているため、料理もしやすいんですね。

 

 

建具もオリジナルの建具を作成しました。古民家にあるようなアンティーク調の建具を再現したオリジナルの建具です。

格子の大きさから、バランス、ガラスの種類まで、お施主様と何度も打ち合わせを重ねた作品です。

 

 

玄関廊下も改装を行っています。ゴージャスな照明のついたホールですがなんせ

高すぎて電球の交換もままならなかった吹抜けでした。

せっかくの空間ですからもっと良くしたい。梁をいれ、お気に入りの照明を取り付け、重厚な玄関を作る事ができました。

現場監督もこなしてくれた黒ラブのお嬢さん。

高齢ということもあって、すばやい動きはできませんが、夕方5時の散歩時間になるとお施主さんの奥様に、散歩!散歩!とねだるかわいい子です。

工事中はじ~っと松美の仕事ぶりを見ていてくれました。これからは薪ストーブの前でのんびりしてくださいね。

 

 

戸建てリノベーションお問い合わせはお気軽にどうぞ

1ページ (全146ページ中)