注文住宅と古民家再生

2012/01/25(水) 今日の現場

さあ、29(土)は建舞です。

瑞穂区のI様邸では、中川と白井が基礎の墨出しに。

レベル(水平)とカネ(直角)もしっかりチェック。

真新しい基礎に墨出しを行うマツミの大工達。

なぜか、ナベさんも。

土曜日まで待てないらしい。。。

 

ところ変わってこちらは、豊田市の古民家再生現場。

木製格子が美しい。豊田の古民家再生工事現場。

大詰めの仕上段階です。

外部は桧の格子も付き、品格もでてきました。

品格といえば、

「家というものは、とても便利だとか快適だとかいう以外に、

その家の品格が人に与える影響というものはすごく強いものです。

建築家というものはそういう責任があるのだと思います。」

という吉村順三さんの言葉を思い出します。

この言葉は、ともすると陥りがちなワナから引き戻してくれます。

変に媚びていたり、自己満足の道具になっていないか?

いつも考えさせられます。

ありがとうございます。

 

桧の上品なにおいが香る名古屋市緑区の新築現場。

緑区の「桧の香る家」 新築現場 もちゃくちゃくと。

家の中は桧の香りでいっぱいです。

見学も予約制でおこなっていますので、ぜひお問合せください。

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

1ページ (全146ページ中)