◆ガルバリウム鋼板の下屋根。一宮市の古民家再生

2018/04/02(月) 古民家再生

 

一宮市の古民家再生現場は、ポカポカ陽気で、外の作業は暑いくらいになってきました。外部では、板金屋さんの板東さん親子が、下屋根のガルバリウム鋼板たてひら葺きを行っています。そんな板東さんが嘆きました。

『3・4・5で直角だよね』 

『3・4・5で直角。1・1・√2で直角であってるよ~』

屋根の隅が合わなくて悩んだみたいです。新築じゃないから、直角とは言えなくて、原寸合わせで作って行くしかないから、悩んだようです。

中学で習う三平方の定理が、建築では役に立つことがあります。

屋根 鈑金 屋根仕上げ 屋根張替え 屋根工事 古民家再生

板東さんの息子さんは、反対方向へ張り始めました。

屋根 鈑金 屋根仕上げ 屋根張替え 屋根工事 古民家再生

 

下屋根をガルバリウム鋼板にすることで、スッキリとした外観に仕上がりそうです。

屋根 鈑金 屋根仕上げ 屋根張替え 屋根工事 古民家再生

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全146ページ中)