◆マツミの仕事をやろう!!知多市の古民家リフォーム現場より。

2018/01/28(日) 古民家再生

古民家リフォーム中の知多市のY様邸では、マツミの大工のあらちゃんとてらちゃんが、黙々と木工事を行っています。

今日の作業は、床の下地工事。先週の解体作業で、床の状態が良ければ、補強をして下地に使いたいなという思いを持ちながら

床の解体をすすめて行ったのですが。。。。 事のほか状態が悪かった。

予算と状態の狭間で、どうしようか悩みましたが、マツミの仕事をやろう!!というみんなの意見で下地を直すことにしました。

床下の補強のために、足固めを入れ、新しく大引きを入れなおしています。

足固めを入れて、耐震補強を行っています。知多市の古民家再生現場

 

リビングやキッチンは、荒木氏が担当。連日の休憩時間のキャッチボールにもかかわらず、腕は痛くないと言い張る頑固もんです。

 

筋肉痛にはならない大工のあらちゃん。知多市の古民家再生現場

鉄骨側は、既設の根太・大引きを利用して、その上に新たに大引き、根太などの下地をおこしていきます。

こちらはてらちゃんが担当しています。

彼。。荒木氏に連日キャッチボールに付き合わされて、筋肉痛になってしまった少々カワイそうな子です。

明日は建舞あるんで、ほどほどに。

 

 

既設床下地のうえに大引きを並べるてらちゃん。知多市の古民家再生現場。

 

 

1ページ (全146ページ中)