大きなお寺の屋根を替えています

 圓心寺さんの屋根替をしています。

先日めくった屋根の下、

中川がせっせと天井裏そうじ。

瓦の下には、瓦土・杉皮があるので、丁寧に撤去作業をしても、

野地板の隙間からぼろぼろと落ちてしまいます。

 

それを掃除しているわけです。

簡単に見えますが、天井は上から吊ってあるだけなので、ふわふわ。

踏み外すと、、、、、、、、

天井におおきな穴を明けてしまうことになります。

慎重に、ほこりだらけの天井裏を 掃除していきます。

 

掃除が終わると、屋根の下地工事に。

「天気よ、つづけっ-------」

   と祈るような毎日がつづきます。

 50年以上も経過しているので、

屋根の下地はガタガタ。このままではマズイ。

新しい垂木をながして、丈夫で、通った面を構築していきます。

 

 

松野さんが、

ガルバリウムの屋根材を貼って、

 一安心。

もう漏りませんよ。

・・・しかし、隣の屋根では、「第2次葺替工事」が始まっているのです。

しばらくは、祈りつづけねばなりません。

 

 

休憩時に、障子に目をやると、こんな細工が。

お寺にある、銀杏と紅葉のはっぱ。

なんか、いい気分。

 

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全145ページ中)