屋根替が始まりました・・・お寺再生現場より

 

8月に紹介させていただいた、

「圓心寺」(円心寺)さんの屋根替工事が始まりました。

 

今日から、

瓦屋根をめくりだします。

 

 お寺の庫裏だけあって、

熨斗も高くつまれています。

 そして、

 土もしっかり。

重量感たっぷり。

昔の建物は、今のように金物がないので、

屋根の重量で、軸組みの木と木の摩擦力を増していた気がします。

瓦葺き、しかも土があると重いので・・・・・

基礎がないから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・地震に弱い・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本はいまさら、地震国になったわけではありません。

 

 昔なりの材料で、

ちゃんと理にかなった事をしていたのだと思います。

 

「せいぜい数十度の熱を得るために、千何百度もの熱エネルギーが必要なのか?」

エイモリー・ロビンスさんの言葉が思い浮かびます。

 

 内部はほこりなどがかぶらないように、

ビニールで養生をします。

 

1ページ (全137ページ中)