スタッフブログ

守山の新築・注文住宅にユニットバスが入りました。

2011/05/26(木) 新築・注文住宅現場

守山区のIさま邸新築工事現場では、ユニットバスの施工が行われました。

ユニットバスはトステム。トステムの施工士さんはとても、仕事も丁寧で言葉遣いもやわらかです。

言葉遣いがやわらかいというのが大切で、マツミの仲間たちはみんな温和で、我先に!という人は

いませんし、いりません。だから、マツミの仲間は仲がいいです。

 

ユニットバスの色をショールームに行きI様ご家族に決めてもらいました。

壁のアクセントパネルが黒で、カウンターも黒、普通パネルはホワイトで。。浴槽がピンク。

ぴ、ぴ、ピンク。。。

奥さんはピンクがいい!ご主人とぜんこうは、シロが。。。。いい。

3人で話し合いましたが、ピンクで決定しました。正直大丈夫かなと心配でした(奥さんごめんね)

 

守山区のIさま邸新築工事現場では、ユニットバスの施工が行われました。

 

でも、設置完了してみると、これがなかなかいいじゃないですか。

淡いピンクでしたので、それほど主張することもなく、落ち着いた感じのシロとクロの壁に、少し明るい浴槽が

ワンポイントで入って、いい感じです。

マツミのみんなの評判もなかなか高評価。

「え~。ピンク~。」って疑ってすみません。

守山区のIさま邸新築工事現場では、ユニットバスの施工が行われました。

 

外部では、白井&寺西コンビが外壁下地の胴縁を流しています。

スーパーウォール工法では、外部に通気層を設けていますので、サイディングが縦張りの場合、

通気胴縁を使用します。

この2人。。仲がいいような、悪いようなそんな二人です。

 

外壁下地の胴縁を流しています。  スーパーウォール工法では、外部に通気層を設けていますので、サイディングが縦張りの場合、  通気胴縁を使用します。

 

 


            名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている工務店の松美建設

          自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォームをてがける愛知県の松美建設です


 

 

記事一覧|2011年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ