スタッフブログ

無垢の木が香る家を建てています。

2011/06/18(土) 新築・注文住宅現場

今日もゼンコウは、軽トラに乗って現場打ち合わせに向かいました。

場所は、守山区で無垢材を使った木の家を建築中のI様邸です。

マツミ大工の白井くんは、ひのきのフローリングを貼る作業を行っています。

まずは、寸法を取り、それに合わせてカットします。 カットしたら、小口の面を取り、突き合わせをきれいにします。

 

真壁納まりのIさま邸では、フローリングを貼る前に、柱にしゃくりをいれてあります。

ひと手間かかりますが、そうすることによって、ちりを目立ちにくくすることができます。

ひのきなどの無垢材のフローリングは、1枚1枚貼っていかないといけません。

合板のフローリングに比べると、手間を要しますが、仕上がりは。。。。まったく違ったものになります。

何枚か張りすすめると、ひのきの香りが現場内に広がります。

やっぱり木の家はいいですよ~。

 

一枚一枚丁寧に無垢のひのきフロ-リングを貼っていく白井くん。

木の家、自然素材をふんだんに使った注文住宅 

 

バルコニーでは、あまりの暑さにちょっとバテ気味な、電気屋さんのまっちゃんが配線工事を行って

いました。今日は、防犯灯の取付高さや、照明の位置高さの確認をしました。

防犯灯などは取付高さが重要で、センサーが反応しないと意味がありませんし、何でも反応してしまう

のは、良くもありません。結構難しくて、まっちゃんと2人であーやこーやと打ち合わせしました。

 

防犯灯取り付け 電気配線工事 電気工事 配線工事 

 

どんどん張り進めて行くサイディング屋さん。

西尾市の方から来てもらっています。遠くからご苦労様です。

 

サイディング工事 外壁工事

 


            名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている工務店の松美建設

          自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォームをてがける愛知県の松美建設です


記事一覧|2011年6月

ページトップへ