スタッフブログ

古民家の屋根・瓦工事もちゃくちゃくと進んでいます。

古民家再生中の岡崎のHさま邸に行ってきました。今日も岡崎の天気はばっちり晴れです。天気がいい日が続くと、

現場も順調に進むので、ぜんこうも気が楽ですね。 

現場は、瓦工事まっしぐらです。今日も、北野瓦店さんが、一枚一枚丁寧に瓦を葺いています。

 愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生現場 瓦工事1 

愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生現場 北野瓦店    

 

マツミの大工さん達はと言うと、2階の壁の下地組みと断熱工事を行っています。

軒の下にもぐりながらの作業なので、結構、腰に負担がかかります。

腰痛もちの大工さん達。青木さんもあらちゃんも「くう~。」と、ひと段落するたびに腰を伸ばします。

 

Hさま邸で使用したルーフィングですが、ちょっとすぐれもの。

フクビさんが出している製品で、遮熱ルーフエアテックスといいます。一般の住宅で使用されているルーフィング

(屋根防水)は、アスファルトルーフィング。ゴム改質アスファルトを主として、止水性能を求めていますが、室内から

の湿気や、野地板の湿気を放出することができず、野地板が劣化してくる。。。そういった現場もあるようです。

遮熱ルーフエアテックスはというと、止水性はもちろんの事、透湿性能がアスファルトルーフィングの150倍もあるん

です。また、表面に施してあるアルミ層は、太陽からの日射を軽減し、小屋裏温度が6-8度も下がるという実験データ

もある優れもの

でも。。。。。

 

あ、暑い!!

10月も終わりだというのに、ピーカン照りの天気と、反射される太陽の熱で屋根の上は、大変なことに。

北野っち。。。。がんば。

 

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

 

記事一覧|2011年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ