スタッフブログ

工場での仕事・・・古民家、新築、改装現場で使う木材の加工

松浦克美 自己紹介へ

松美の工場です。

皆さんは、「現場で働く大工さん」は見たことがあると思いますが、

「工場で働く大工さん」は見たことがないのでは?

  どうでしょうか?

既製品ばかりですと、大工さんが加工する必要はありませんから、

現場の組み立て取り付け作業だけでいいですね。

 

下写真のような鴨居も、既製品だと、右のようなおがくずも出ませんね。

大工さんも、建築会社も大喜びです。

工場がいりませんから。

ゴミもでません。

工事も早く済みます。

 

でも、

思い出のある、昔の家の材料を使ったり、

 

無垢材を加工して、使ったり・・・

  できませんよね。

 

先週も、

I様旧家の取り外したケヤキの式台を

キッチンカウンターの天板に加工する仕事をしました。

ケヤキは緻密な無垢板なので、かなりの重量です。

 

一度、機械を通したのですが、

細かい釘がささっているのが発覚!

虫食いの跡があり、判別できなかったので、おおわらわ↓

釘がささったままプレーナーを通すと、

一発で歯が欠けてしまいます。

 

歯の整備からやり直し。。。

 

 

 

でも、

こんなきれいな材料に生まれ変わるから。。。

本当の木ってすばらしい!

記事一覧|2013年9月

ページトップへ