スタッフブログ

【構造見学会開催中】半田市で新築戸建て住宅の構造見学会を開催しています。

マツミからのお知らせ 自己紹介
2015/02/06(金) 見学会のごあんない

 

 

【構造見学会開催中】

ただいま愛知県半田市にて、新築戸建ての構造見学会を開催しています。

 


 

建物が完成してからの見学会はたくさん開催されていますが、

建築中の建物の構造見学の機会はあまり開催されていません。

住まいづくりをお考えのみなさんは、柱や、断熱材、床下、材木は

どんな材料を使っているの?と思ったことはありませんか?

マツミでは定期的に住まいの要の部分の構造を見ていただける

構造見学会を開催しています。ぜひ一度この機会に見学してみませんか?

 

[見学のご予約方法]

見学会参加お申し込みは、お電話0120-144-227

またはお問い合わせフォームから


 

2014の年末、建前が行われた半田市のS様邸。

雪が舞ったり、身に染みるような寒さの年末でしたが、建前当日は

気持ちの良い青空が広がりました。

皆で声をかけながら作業は進んでいきます。

 

整然と組まれた二階の床梁。

 

そして、工事スタートからひと月が経ちました。現場も順調に進んでいます。

JIO(住宅瑕疵担保責任保険法人:日本住宅保証検査機構)による躯体検査も

問題なく完了し、

 

 

大工のみんなの仕事も順調です。

杉のいい香りがしています。大工の中川君が杉板を加工中。

杉板は赤身を厳選して使用しています。

白太に比べてタンニンを多く含み、虫に強く、腐りにくいという特徴があります。

白太を使うと腐りも早いです。それを外壁に張っていきます。

 

 

 この上に、木材保護塗料を塗っていきます。

保護の仕方としては、昔からの手法として、焼き杉を使うこともあります。

 

今回、この現場の棟梁の寺ちゃんが杉板を張っています。

 

庇の深い部分にも張っていきます。

 

職人さんたちも丁寧な仕事で、しっかり施工してくれるので安心して任せています。

こちらは電気屋の松川さん。外壁が張られる前に、換気扇の穴明けをし、

しっかり外部の防水処理をしてくれます。

 

 

水道設備の早川君。こちらも的確な場所にきちんと配管してくれます。

 

くるくる大きなロールケーキ状のものは、ウール(羊毛)の断熱材です。

 

 

もっこもこ!

天井には厚さ20cmの分厚い布団のような羊毛を使っています。

羊毛は、吸放湿性がとても優れているので、湿度調整機能が期待できます。

防音性能も高く、当然ですがリサイクル可能です。

 

 

 

ここでお伝えしたのはほんの少し。ぜひ、現場に足を運んで

マツミの家づくりを体感してみませんか?

お気軽にお問い合わせ下さい。たくさんのご参加お待ちしています。

 


 

 

[見学のご予約方法]

見学会参加お申し込みは、お電話0120-144-227

またはお問い合わせフォームから

 

 

記事一覧|2015年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ