スタッフブログ

壁下地に天井下地に、だいぶ進んできました。

こんにちは。ぜんこうです。

中区大須の万松様改装工事現場では、マツミの大工さんたちが、下地工事の

真っ最中です。

大工のしらはんは、廊下の天井下地を行っています。

75(7尺5寸)間の225ミリで胴縁をながしていきます。

そんな天井下地に、照明や換気ダクトを配置するために

墨出しを行ったのですが、位置がことごとく胴縁にあたるミラクルタイム。

指示通りの位置に出すためには仕方が無いと、胴縁を切って、補強し

なんとか指定の位置に出すことに成功しました。

 

 

棟梁のなかちゃんは、個室1の収納の壁下地に悪戦苦闘。

というのも、ちょっとぜんこうが無理を言ったから。

も~といいながらも、ちゃんとやってくれるなかちゃんです。

 

記事一覧|2015年5月

ページトップへ